ホルモン周期(月経周期)

【月経期】

受精卵が着床しなかった場合、黄体は退縮し、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方の分泌量が急激に減少する。

厚くなった子宮内膜は剥がれ落ち、月経として体外に排出される。

 

【卵胞期】

月経開始から排卵が起こるまでの期間。

脳からの指令により卵巣内の原始卵胞が徐々に成熟する。

成熟卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)が沢山分泌され、子宮内膜が厚くなっていく。

卵胞ホルモンの働きで、心も身体も好調な時期。

 

【排卵期】

卵胞が十分に育つと卵胞ホルモンの分泌量がピークに。

排卵が近づいてくると、粘りけのあるおりものが増える。

脳から排卵の指令が出て、卵胞から卵子が放出される。

 

【黄体期】

排卵後は卵胞が黄体に変化する。

この黄体から黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、その作用で子宮内膜はより厚く、受精卵が着床しやすい状態になる。

また、黄体ホルモンの分泌によって体温が上昇する。

人によっては、様々な不快症状が現れる場合がある。